カロリーの行くえって?

さてあなたはカロリーって何なのかご存知でしょうか?
「バカにしないでよ!そんな事しっているわ。」って思われる方がほとんどでしょうね。
でも、こんな事は知っていますか?
食べ物を口にすると、それだけ消費カロリーが減るって事。
「はあ?食べたらカロリーが増えるのじゃないの?」ってそれも思われますよね。
ところが、食べ物を食べると内臓が消化するためにカロリーを消費するのです。
つまり、消化するのにもエネルギーを使うから当然、その分は消費されているって事なんですよ。
賢いあなたならおわかりですよね。
そうです!食べた方が、食べるのを抑えているよりも消費エネルギーが増えてその分、
痩せやすいって事が想像つきますよね。
痩せるためには食べない!ガマンするのもダイエットの方法かもしれませんが、食べて
痩せるならこんな楽なことってないって思いませんか?
「じゃあ、毎日思いっきり食べたら痩せるというの?食べ過ぎて太っている人がほとんどじゃないの!!」ってこれまた、疑問ですね。
そこが大切なところ。
人の消費するエネルギーと摂取するエネルギーのバランスが取れていないと当然太ったり痩せたりします。
そこで、どうするのか?
この食事をしたらエネルギーを使うというからだの仕組みを上手く利用しましょうよ。
おわかりでしょうか?
一日に摂取するエネルギーの範囲内で何度も食べるという事なんです。
何度も食べるって事は?
1度に食べる量を少なめに数を多くするって事。
そうだとしたら?
内臓は何度も消化するためにエネルギーを使います。
そこで消費エネルギーが増えちゃうのです。
お得ですね~!!食べながら、消費エネルギーを増やせちゃうのですもの。
このときに内臓が沢山のエネルギーを使うのがたんぱく質って言われています。
たんぱく質を食べると30%が熱エネルギーとして消費されると言われているのです。
できれば、加工されたハンバーグとかではなくて、塊りのお肉なんかいいでしょう。
食べすぎはダメですよ。
「えっつ
そして赤みのお肉を選びましょう。時間をかけて消化する為に内臓は一生懸命働いてくれます。
そして消費エネルギーが増えるのです。消費エネルギーが増えるとダイエットが楽チン。
少し人のカラダのメカニズムを紹介しておきますね。
まず、人が食べ物を食べます。それは一時的にエネルギーとして糖分に変えられて肝臓に保管されます。保管期限は大体1日くらいと言われています。
この保管期限をすぎても糖がエネルギーとして使われなかった場合は脂肪にまわされてしまうのです。これで太っていくのです。
だから保管されている間に糖を消費すれば脂肪に回されずにすむのです。
消費するには、色々な方法がありますよね。運動もそうですし、食べ過ぎた場合はひかえれば、活動した場合糖分がエネルギーとして使われて脂肪にまわされません。
これからもわかるようにすぐに食べたものが脂肪にまわされるわけではないので、調整をすれば自然と痩せていくのです。
あなたも上手にカラダのメカニズムを使いませんか?背中ニキビ跡