カロリーの行くえって?

さてあなたはカロリーって何なのかご存知でしょうか?
「バカにしないでよ!そんな事しっているわ。」って思われる方がほとんどでしょうね。
でも、こんな事は知っていますか?
食べ物を口にすると、それだけ消費カロリーが減るって事。
「はあ?食べたらカロリーが増えるのじゃないの?」ってそれも思われますよね。
ところが、食べ物を食べると内臓が消化するためにカロリーを消費するのです。
つまり、消化するのにもエネルギーを使うから当然、その分は消費されているって事なんですよ。
賢いあなたならおわかりですよね。
そうです!食べた方が、食べるのを抑えているよりも消費エネルギーが増えてその分、
痩せやすいって事が想像つきますよね。
痩せるためには食べない!ガマンするのもダイエットの方法かもしれませんが、食べて
痩せるならこんな楽なことってないって思いませんか?
「じゃあ、毎日思いっきり食べたら痩せるというの?食べ過ぎて太っている人がほとんどじゃないの!!」ってこれまた、疑問ですね。
そこが大切なところ。
人の消費するエネルギーと摂取するエネルギーのバランスが取れていないと当然太ったり痩せたりします。
そこで、どうするのか?
この食事をしたらエネルギーを使うというからだの仕組みを上手く利用しましょうよ。
おわかりでしょうか?
一日に摂取するエネルギーの範囲内で何度も食べるという事なんです。
何度も食べるって事は?
1度に食べる量を少なめに数を多くするって事。
そうだとしたら?
内臓は何度も消化するためにエネルギーを使います。
そこで消費エネルギーが増えちゃうのです。
お得ですね~!!食べながら、消費エネルギーを増やせちゃうのですもの。
このときに内臓が沢山のエネルギーを使うのがたんぱく質って言われています。
たんぱく質を食べると30%が熱エネルギーとして消費されると言われているのです。
できれば、加工されたハンバーグとかではなくて、塊りのお肉なんかいいでしょう。
食べすぎはダメですよ。
「えっつ
そして赤みのお肉を選びましょう。時間をかけて消化する為に内臓は一生懸命働いてくれます。
そして消費エネルギーが増えるのです。消費エネルギーが増えるとダイエットが楽チン。
少し人のカラダのメカニズムを紹介しておきますね。
まず、人が食べ物を食べます。それは一時的にエネルギーとして糖分に変えられて肝臓に保管されます。保管期限は大体1日くらいと言われています。
この保管期限をすぎても糖がエネルギーとして使われなかった場合は脂肪にまわされてしまうのです。これで太っていくのです。
だから保管されている間に糖を消費すれば脂肪に回されずにすむのです。
消費するには、色々な方法がありますよね。運動もそうですし、食べ過ぎた場合はひかえれば、活動した場合糖分がエネルギーとして使われて脂肪にまわされません。
これからもわかるようにすぐに食べたものが脂肪にまわされるわけではないので、調整をすれば自然と痩せていくのです。
あなたも上手にカラダのメカニズムを使いませんか?背中ニキビ跡

あなたにはリラックス法がありますか?

あなたは日頃、ストレスをどのようにして解消していますか?
今日はストレスについてお話していきますね。
ここに35歳コンピューター関連の会社で働いている明美さんという女性がいます。
彼女は仕事が非常に優秀で課長のポストについています。
家族構成はだんなさまと10歳になる女の子がひとりの3人家族です。
だんなさまというとどちらかと言えば、のんびり屋さん。仕事もそんなにバリバリタイプではありません。
一方明美さんは仕事と家事、そのうえ子育てもしているのです。
のんびりしているダンナさまに替わって経済的にも「私が支えなくちゃ」といつも頑張っているのです。家事だって仕事を言い訳に手抜きはしたくないタイプ。
毎朝6時に起きて、みんなのお弁当も作り、自分自身も会社に出勤するため、あわただしく家を出ます。娘にも母親が仕事をしているからと寂しい想いをさせないように
手料理はかかせません。
会社では、部下の面倒もよくみて、後輩からは慕われて上司からは信頼されている女性。
本当に完璧といって良いほどに。
ここまで、読んだあなたはどう感じましたか?
素晴らしいなあ!私も見習わなくちゃって思いましたか?それとも、私にはムリムリ。
明美さんもそんなに頑張らなくってもいいのに・・。って思いましたか?
きっと意見は分かれると思います。
明美さんは周りの期待に応えるのが自分の役割と思い、日々を自分の欲望や欲求を抑えて頑張っています。
明美さんの神経の糸はいつ切れてもおかしくない状態。そして明美さんは原因がわからないけれど、めまいや頭痛が頻繁になってきました。
そうして、スラリとしたカラダは次第にムクミがちに。家族みなが寝てから抑えきれない食欲にベッドから起きて甘いものなどを食べる毎日になっていったのです。
さて、この症状は?明美さんは一体いつどこでストレスを解消していたのでしょうか?
自分の気持ちをいつも後回しにして、頑張れ頑張れと自分に言い続けてそして全ての仕事をするのは自分にとって当然と思うように。
過食はエスカレートして、気がつくとたった3ヶ月で10キロ増に。
あなたには明美さんの過食の原因はわかりますよね?
明美さんが過食に走ったのはどうしてだと思いますか?
そうです。あなたの考えている通り。
自分を抑えつけている感情からなんです。そんなの無理よ!という怒りの感情を見ていない。気づかないふりをしていたから。ストレスがどんどん増え続けて発散のしどころがわからずに食べ物に発散してしまったのです。
ストレスを長期にわたってかけ続けていると自律神経がうまく働かなくなってムクミやすくなったり頭痛やめまいといった症状もあらわれてきてしまうのです。
あなたの中には明美さんはいませんか?もし怒りを感じたのなら、発散させましょう。
思いっきり紙を破いたり、文字を書いたり、小さな爆発をさせておくと大爆発になりにくいですから。あなたは、ストレスの発散の仕方を持っていますか?
自分の気持ちを大切にする事が美容にも良い影響をもたらすのです。ホスピピュアの公式サイトはこちら